Angel Bridge

私たちは日本最大規模のエンジェル投資家グループを擁し、
良質かつ豊富な資金を優れた企業に提供して参ります

NEWS


WHO WE ARE


Angel Bridge の仕組み

私たち Angel Bridgeは、良質かつ資金力の豊富なエンジェル投資家を数多く擁しています。資金ニーズのある企業様に対して、Angel Bridgeが全ての窓口となり、投資の意思決定、投資ビークルの組成、事務手続き、投資後の企業様とのコミュニケーション、高度な財務戦略の支援を包括的に行います。スキームとしては、 Angel Bridge経営陣が投資の意思決定を行った後、私たちの擁するエンジェル投資家に案件概要の説明を行います。その後、「案件ごとに」投資ビークルを設立し、投資を希望するエンジェル投資家がまとまった形で資金提供を行います。その際、Angel Bridge経営陣も、投資金額の相当額を自ら拠出し、責任を持って案件にコミットして参ります。エンジェル投資家としては、通常のファンドと異なり、自らが支援したい企業様に選択的に投資ができるというメリットがあります

WHY Angel Bridge ?

良質かつ豊富な資金
私たちが擁するエンジェル投資家は、例えば、世界トップクラスの金融機関で成功を収めた方、日本を支える優良企業のオーナーの方などで、資金力のみでなく、質においても他に類をみないレベルの投資家グループと言えます。また、それらの資金は、通常のファンドとは異なり期限が存在しないため、長期的なご支援が可能です
迅速な意思決定
私たちは世界トップクラスの投資銀行における豊富な財務アドバイザリー経験を活かし、高度かつスピード感のある案件遂行力を強みとしています。その圧倒的な案件遂行力と、柔軟なエンジェル投資家の資金を組み合わせることで、最短数日間で意思決定を行います。これにより、投資を受ける企業様は、資金調達に費やす経営リソースを最小限に抑え、本来の事業運営に集中することができます
高度な財務戦略支援
投資完了後、マネジメントの皆様の右腕となり、私どもが投資銀行等で培った豊富な財務アドバイザリー経験を総動員し、財務戦略をご支援させて頂きます。日本では特に、グローバルに通用するCFO候補が不足していますが、私どもが、プロフェッショナルの観点から、中長期の財務戦略、エグジット戦略、そして成長のためのM&A戦略まで包括的にご支援します

INVESTMENT POLICY

事業セクター
全ての事業領域
事業ステージ
法人設立前を含む全事業ステージ
投資額
1件あたり最大10億円
スキーム
普通・種類株式の保有
投資期限
なし
エグジット戦略
IPOまたはM&A

MANAGEMENT TEAM


井上北斗

代表パートナー

  • 2004年:東京大学大学院理学系研究科修士(宇宙物理学)
  • 2003年~04年:宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所
  • 2004年~13年:ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門。主にM&Aを担当
  • 2013年:Intellectual Backyard株式会社(設立後、東大産学連携本部支援企業に認定)を設立し大学の技術シードを事業化
  • 2015年: Angel Bridge 設立
    • 担当
    • シナプスイノベーション
    • CSN
    • バイオス
    • ライフウエアズ
    • スペシャレース

河西佑太郎

代表パートナー

  • 2005年:東京大学大学院農学系研究科修士修了(遺伝子工学)。シカゴ大学MBA
  • 2005年~06年:ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門
  • 2006年~09年:ベインキャピタルにて成長企業投資を実施
  • 2011年~15年:ユニゾン・キャピタルにて成長企業投資を実施
  • 2015年: Angel Bridge 設立
    • 担当
    • Heartseed
    • easyBiodata
    • バイオス
    • GeneTech

林正栄

パートナー

  • 1981年:慶應義塾大学経済学部卒。ノースウエスタン大学Kellogg MBA
  • 1981年~01年:伊藤忠商事(最終職歴:北米統括シカゴ支店長)
  • 2001年~10年:1部上場企業取締役、コンサルティング会社代表取締役
  • 2010年:エミアル株式会社代表取締役社長
  • 2010年:青山学院大学法学部修士課程非常勤講師
  • 2015年: Angel Bridge 設立
    • 担当
    • シナプスイノベーション
    • CSN
    • GeneTech
    • スペシャレース

桐谷直毅

パートナー

  • 2009年:東京大学経済学部
  • 2009年~13年:ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門。主にIPOを担当
  • 2013年:企業のプロモーション活動を支援する企業を創業
  • 2015年: Angel Bridge 設立
    • 担当
    • 投資家対応
    • ファンド事務

SELECTED PORTFOLIO


シナプスイノベーション

  • クロスボーダーM&Aを駆使した海外展開も進めるITソリューション企業。IoT領域への進出で成長を加速
  • 投資額4.3億円

CSN

  • 羽田空港内の滑走路横に独自に開設した「羽田市場」を拠点に究極の朝どれ鮮魚流通を実現する地方創生企業
  • 投資額:5億円

Heartseed

  • 慶應大学医学部福田恵一教授との共同設立ベンチャー。iPS細胞による心筋再生医療の実用化を目指す
  • 投資額:1億円

easyBiodata

  • インドで急成長を誇るオンライン結婚プラットフォーム事業。Harvard Business School卒の3人組が創業
  • 投資額:非公開

バイオス

  • 慈恵医大・東大・明治大・慶應大の教授陣の研究成果に基づき腎臓再生医療の実現を目指す大学発ベンチャー
  • 投資額:1.5億円

セルテクノロジー

  • 再生医療に不可欠となる幹細胞を歯髄から採取することで幹細胞ストックを構築。タカラバイオとも業務提携
  • 投資額:1.5億円

GeneTech

  • NIPT(無侵襲的出生前遺伝学的検査)においてシェア80%超を誇り大手50病院が採用する国内トップ企業
  • 投資額:5億円

ライフウエアズ

  • 元Takeo Kikuchiチーフデザイナーが創業。アナログなファッション業界に一石を投じるファッションテクノロジー企業
  • 投資額:非公開

スペシャレース

  • 様々なモノを感熱素材に変える革新技術。グローバル大手の導入も始まり、2020年売上目標は200億円
  • 投資額:非公開
株式会社セルテクノロジーについては、当社設立以前に、取締役及び当社の擁するエンジェル投資家が直接投資を行っております。また、スペシャレース株式会社については、株式会社GBPを通じて株式を保有。

COMPANY


社名 Angel Bridge株式会社
代表取締役 井上北斗 河西佑太郎
株主 井上北斗25%河西佑太郎25%林正栄25%桐谷直毅25%
設立 2015年10月21日
決算 9月
本社 〒106-0045東京都港区麻布十番2-17-5 001号

CONTACT


ACCESS


  • 東京都港区麻布十番2-17-5 001号
  • 最寄り駅:麻布十番駅1番出口より徒歩1分